製品開発支援システムの仕組み:「みつける」 - 差分で見つける

設計変更管理を始めとする製品開発プロセスでは、繰り返し作業が頻繁に発生します。 製品開発作業の改善は、この繰り返し作業をいかに効率化するかということだと思います。 どのような作業でもそうですが、基本作業から詳細作業に移り…

製品開発支援システムの仕組み:「みつける」 - 関連性をたどって見つける

必要なデータを見つける方法は検索だけではありません。 データがあることを知らせれば良いわけでその実現方法として、PLMシステムではデータとデータを関連付けて管理する手法を用いています。 関連性をつけて情報を管理することを…

製品開発支援システムの仕組み - 情報を「みつける」

製品開発業務では数多くの情報リソースにアクセスして自分の欲しい情報をのみを抽出してくる作業が発生します。 ちょうど膨大な数の世界中のWebサイトから、自分の欲しい情報のみを検索して見つけ出してくる検索エンジンと同様の仕掛…

製品開発支援システムの仕組み:「しらせる」 - 社外に知らせる

今日では製品開発が社内だけでクローズして行われることが稀になってきてます。 また、社外の協力会社と密な情報共有を実現することで製品開発効率を向上させることができるのは、容易に想像することが出来ます。 今日ではWebを中心…

製品開発支援システムの仕組み:「しらせる」 - レポートとして知らせる

データを加工してわかりやすく”しらせる”ことが出来る仕組みも、複雑で沢山の人がかかわる製品開発プロセスでは要求されてきます。 パーツデータをレポートとして出力して、どの部品が何個使われているのかを…

製品開発支援システムの仕組み:「しらせる」 - 関連する成果物の内容を知らせる

通知して知らせるという機能も重要ですが、仕事としてはプラン・ドゥ・チェック・アクトといったPDCAサイクルを回さなければいけません。 このサイクルをPLMシステムで実現することで、PLMシステムを単なる設計データの保管庫…

製品開発支援システムの仕組み:「しらせる」 - 作業がアサインされたことを知らせる

部門の垣根を超え、コラボレーションしながら作業を進める製品開発業務では、自分が必要とするデータを能動的に取りに行くには限界があります。 そのためどうしても自分の慣れ親しんだデータばかりを活用してしまう傾向にあります。 こ…

製品開発支援システムの仕組み:「つなげる」 - 作業の流れをつなげる

関連するデータとデータをリレーションして製品開発アクティビティ間でデータを受け渡し、前工程の成果物(アウトプット)を後工程の参考情報(インプット)として業務をつなげプロセスとしてコントロールできるようになることで、データ…

製品開発支援システムの仕組み:「つなげる」 - 前工程の成果物をつなげる

組織が効率的に機能するためには、数多くの関連しあう活動内容を明確化するとともに、それぞれの活動どうしの関連を定義して個別の活動を業務としてつなげていく必要があります。 これらの各活動では様々な成果物(アウトプット)が作成…

製品開発支援システムの仕組み:「つなげる」 - 他の人のデータにつなげる

リレーションを使ってデータを関連付けた後は、それをどのように他のチームと共有するべきかを検討していく必要があります。 つながったデータから自分が必要とするデータを見つけ出せるようにするだけでなく、いかに自分のデータを他の…