ユタカ技研、ArasのPLMプラットフォームで グローバル全体のシステム開発を最適化

― ケーススタディ公開のお知らせ 

ユタカ技研、ArasのPLMプラットフォームで
グローバル全体のシステム開発を最適化

ホンダ、いすゞ、スズキといった主要自動車業メーカーに対してブレーキや駆動系部品、排気システムを含む自動車部品の設計、開発、製造を行う業界のリーディングカンパニーであるユタカ技研は、製品の複雑化に伴い、より速くイノベーションを起こすため知識共有の最適化に取り組む必要がありました。国内外16拠点にAras Innovatorを導入し、グローバル全体の研究開発、製造の一元管理を実現された最新事例をぜひご一読ください。

 

Aras Innovatorこそがまさに、複数の研究開発、製造拠点を一元管理するために求めていたものでした。

(Arasを導入した)結果として、製品設計データを一元化することで、各システム共通の正確な製造BOMが生まれます。そして、それぞれの製造拠点がそれを活用することで、研究開発の設計者が意図したシステムをつくることができるのです。

大きなアップグレードなしで少なくとも10年は使えるシステムを求めていました。この業界はとても速く動いています。数年ごとに製品情報環境のアップグレードで時間を費やしている余裕はありません。

 

本件に関するお問合せはこちらから
http://www.aras.jp/plm-software/?n=request-information-jp

広告