Aras Manufacturing Process Planning (MPP): 製品プロセス計画の簡易化

Aras Manufacturing Process Planning(MPP)を使用することで、製品開発から製造に至るまで複雑なビジネスプロセスをグローバルに管理できます。また、製造プロセス計画、作業指示書および製造部品表(MBOM)が相互依存関係になり、 変更が発生すると自動的に同期されます。

製品チームはMPPを使用して、設計BOMと製造BOMの衝突を避けつつ、製造プロセスや作業指示書、製造BOMを同時に定義することにより、全体プロセスの管理が可能になります。これらの機能によって、製品ライフサイクル管理の構成とトレーサビリティの提供を可能にします。

さらにMPPは、設計BOMから製造BOMへのダイレクトな変換が可能です。その結果、Industry4.0に必要なプロセスの基盤とインダストリアル・インターネット構想の間にある企業が持つギャップが連携されることになります。

以下画面デモにより、データやプロセス、トレーサビリティの管理において、MPPがどのように効率を向上させるかをご覧頂けます。(2分16秒)

また、PLM業界の大手アナリストCIMdataによる論評「CIMdata論評:統合化された製造プロセス計画でデジタルスレッドを拡張する」では、製品の開発と製造の統合を改善していくための課題、そしてそれに対するArasのMPPアプリケーションで提供される機能について記載されています。こちらも併せてご覧ください。

<要約>
・統合の欠如は、トレーサビリティのギャップを作る情報のサイロ化を生み出し、製品のコストや品質、市場投入期間に直接影響を与える
・設計BOM(EBOM)から製造BOM(MBOM)への変換を自動化することがPLMのゴールである
・製品の開発と製造のデータを接続させることは、デジタルスレッドとデジタルツインを実現させる重要なキーである
・Arasのソリューションは、設計から製造までのトレーサビリティを維持するソリューションンを実現するために、Arasのシングルプラットフォームアーキテクチャを活用している

http://www.aras.jp/plm-software/?n=CIMdata-Extending-Digital-Thread-Manufacturing-Process-Planning-jp

245x330-cimdata-extending-digital-thread-manufacturing-process-planning-jp

MPPの詳細は、こちらをご覧頂くか、オンラインお問い合わせにお問い合わせください。

Aras PLMの詳細・ダウンロードはこちらから
Aras_Logo_2013