PLM成功事例:川崎重工業様

多くの製品開発チームにとって、PLMの導入および運用の成功は理解しがたいかもしれません。
その理由としては、製品ライフサイクル管理(Product Lifecycle Management)においては、 今日の製品開発チームにとって、革新的な製品を短期間で市場に投入し、製品ライフサイクル全体のサポートをするということは大きな課題となっています。
PLMへの従来のアプローチは、エレキやソフトウェアの管理、および製造やサプライヤーとのインターフェースに関しての課題は注力されず、3Dメカ設計に注力されてきました。また、今日の製品開発チームは、従来のPLMを使用している限りは成功することは難しいでしょう。

■PLM成功事例
上記のような厳しい現実の中で、制限のある従来のソリューションとは異なり、柔軟で拡張性があり、アップグレードがしやすいPLMプラットフォームの中にある単一ソリューションで、PLM機能を全て使用して成功を収めている企業があります。
今回は、そのような企業の事例をひとつ紹介します。

PLM成功事例(川崎重工業株式会社様)

khi
航空・宇宙、エネルギー、産業機器、電力、車両および船舶業界向け機器製造を代表する川崎重工業様が、PLMを導入されているのをご存知の方は多いと思います。
川崎重工業様は、ArasのPLMを使用して、全社的なコラボレーションを向上および製品開発プロセスの効率向上のために、革新的なPLMプラットフォームを全社提供しています。そして、各カンパニー間における製造プロセスのイノベーションおよび改善を共有するとともに、全社標準化に向けた新たなステップを踏み出しました。

さらに、あるカンパニーでは本番環境の構築コストを51~83%も削減しました。Aras 導入以前は提供するのに何週間もかかっていた検証用環境を、今では最短1 日で各カンパニーに提供することができます。

導入事例全文はこちらから: 川崎重工業様ケーススタディ

Aras PLMの詳細・ダウンロードはこちらから
Aras_Logo_2013