今週のテクニカルTips: アイテムハイパーリンクを使用したメールメッセージ

ワークフローのアサインメントの予定日が来たときやアイテムがライフサイクルのステートに遷移した際に、作業が必要となった場合などに、自動でメール通知を行うことが可能です。前回のテクニカルTipsでご紹介したように、メールメッセージにプロパティ値を含め、現在のアイテム情報をユーザーに通知することもできます。

HTMLメールメッセージにハイパーリンクを含めることも可能です。ハイパーリンクをクリックすると、ブラウザ内でAras Innovatorウィンドウが立ち上がり、選択されたアイテムが表示されます。

ユーザーがテキストメッセージのハイパーリンクをクリックすると、ブラウザが立ち上がり、ログイン情報の入力画面に飛びます(シングルサインオンを使用していない場合)。ログイン後、自動的に選択されたアイテムが表示されます。

pic1

構文

Aras Innovator では、以下のような構文を使用してURLアドレスからアイテムを開きます。
http://%5BServerName%5D/%5BWebAlias%5D/default.aspx?StartItem=%5BItemType%5D:%5BItemID ]
各パラメーターの意味は以下の通り。

  • ServerName = Arasサーバー名
  • WebAlias = Aras Innovatorアプリケーションにアサインされているウェブエイリアス名
  • ItemType = 開くアイテムのアイテムタイプ
  • ItemID = 32文字のアイテムGUID

 

メールメッセージの作成

以下の例を用いて、上記構文のHTMLメールメッセージへの適用方法をご紹介します。

ワークフローアクティビティーとライフサイクル、どちらから作成されたメッセージかでメールメッセージ変数の構文が異なるため、両者の例を見てみましょう。メッセージ文章はメールメッセージのBody HTMLセクションに記述する必要があります。

pic2

ワークフローの場合

以下は、サーバー名がMyServer、エイリアスがInnovator、アイテムタイプがHelp Ticketのメールメッセージを表しています。

<p>アイテム ${Item[@type=”Help Ticket”]/item_number} が承認待ちです</p>
<a href=”http://MyServer/Innovator/default.aspx?StartItem=HelpTicket:${Item[@type=”Help Ticket”]/id}”>アイテムへのアクセスはこちらから</a>

ライフサイクルの場合

<p>アイテム${item_number} が承認待ちです</p>
<a href=”http:// MyServer/Innovator/default.aspx?StartItem=Help Ticket:${id}”>アイテムへのアクセスはこちらから</a>

ご不明点及びトピックのリクエストがございましたら、info@aras.jpまでご連絡ください!

Aras PLMの詳細・ダウンロードはこちらから
Aras_Logo_2013
広告