Aras Innovator

今回は少し趣向を変え、Aras社やAras Innovatorのビジネスモデルやテクノロジーに関するバックグラウンドをご紹介していきたいと思います。

Aras社はPLMオープンソースソリューションプロバイダーとして、2000年にピーター・シュローラによって設立されました。本社はボストンの北にあるマサチューセッツ州のアンドーバーにあります。また、スイス及び東京に支社を構えていて、日本法人は2012年5月に設立しました。

 

Model Based SOA

ArasのPLM( Aras Innovator)は、モデルベースSOAを採用し、オープンウェブスタンダード上に構築されています。SOAとはService Oriented Architecture(サービス指向アーキテクチャ)の略で業務上の一処理に相当するソフトウェアの機能をサービスと見立てて、そのサービスをネットワーク上で連携させシステム全体を構築していくことを言います。2004年ごろから注目を集め、現在ではクラウドコンピューティングの進展により多くの注目を集めています。

これにモデルベース手法を加え、モデルベースでSOAシステムを実現することを可能にしたアーキティクチャを独自に開発し、Aras Innovatorのフレームワークとして採用しています。

 

 

モデルベース手法の採用により、今までPLMシステムで実現することが難しかった次のような事を実現することを可能にしました。 

・「実行可能な仕様」(アイテムタイプ)よりPLMシステムに必要なデータモデルの設定をリアルタイムで定義することが可能となり、敏速かつ変更可能なシステムを構築することが可能

・業務用件に合わせて、直感的なソリューションの開発が可能なため、PLMシステムが業務に合うようにシュミレーションしながらシステムの構築が可能

・クライアントはブラウザを通してアクセス出来るため、管理者も運用が簡単

・カスタマイズ内容に影響無く、アップグレードが可能なため、製品情報のデータを長期的に利用することを実現

 

このフレームワークは、拡張性と柔軟性が非常に高いため、PLMだけではなく、色々なビジネスニーズに対応したアプリケーションの開発が可能になります。(詳しくはこちら

-久次 昌彦-

広告