コミュニティイベント開催報告 - ACE 2012 in Japan

2012年9月13日(木)、東京千代田区にあるJA共済ビルのカンファレンスホールにて、日本におけるAras最大のコミュニティイベント「ACE 2012 in Japan」(ACE: Aras Community Event)が開催されました。

「“BE DIFFERENT” グローバル製品開発に“差”をつけるプロセスイノベーション」
と題して催された当イベントには、Aras Innovatorのユーザ企業をはじめ、これから検討を開始されようとしている企業、アラスとともに導入のお手伝いをしているパートナー企業などなど、様々な企業から200名超という大勢の方々にご来場頂き、大盛況の内に幕を閉じることができました。

想像以上の盛り上がりに、主催者としても感無量です。

ご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。
また、ご都合により当日来場がかなわなかった皆様にも感謝致します。次回のお越しをお待ち申し上げます。

プレゼンターとして発表頂いた皆様、ブースの出展を頂いたパートナー企業の皆様、本当にお疲れ様でした。今年のACEジャパンの成功は、ひとえに皆様のお陰です。深く感謝致します。

そして最後に、いつもAras Innovatorの改善・強化にご協力頂いているArasコミュニティの皆様。
皆様のお陰でここまで大きなコミュニティイベントを成功させることができました。
本当にどうもありがとうございました。また、今後とも宜しくお願い致します。

▼ 以下、当日の模様をご報告させて頂きます。

1.キーノート「BE DIFFERENT」  〔資料はこちら
Aras Corporation  Founder & President  Peter Schroer

  • PLMベンダーが喧伝する“サクセス”ストーリーも、実態は「10/10/100」プラン。
    • エンドユーザ数を計画の10%に縮小
    • 機能も計画の10%に縮小
    • コストは計画の2倍に増強(=100%増)

    ⇒ PLMベンダーは誇大広告を止め、良いシステムを提供できるように注力しなければいけない。Arasはマーケティングにではなく、現場の問題解決に注力したい。

  • Arasの将来
    • クラウド: Aras Spectrum – Cloud PLM for Microsoft Azure
    • ビジュアライゼーション&コラボレーション: 3D PDF や PLMセキュリティモデル上でのコラボ機能

2.セイコーエプソン様 事例紹介

セイコーエプソン株式会社 情報化推進部 主事 中井 義博 様

  • セイコーエプソン様における導入事例のご紹介
  • 従来のPDMシステムはまさに10/10/100プランでした
  • この長年の課題を解決するためにArasを選択し、結果として計画の約70%のエリアをカバーするところまで進めることができた
  • Arasのソフトウエアの良さに加え、サブスクリプションサービスのスピードと品質にも大いに助けられ、Arasのサービスなくして成功は成しえなかった

3.Arasを使ったMBOMとリッチクライアントの実装方法資料はこちら
株式会社ネオシステム Aras Innovatorエバンジェリスト 金井 幸太 様

  • Silverlightによるリッチクライアント実装デモ: BOMツリー編集のリッチな操作性と優位性について
  • JAMPのAISシートを使ったExcelとAras Innovatorを連携
  • Aras Innovatorを使ったBOMの実装例: E-BOMとM-BOMの構成例と構成比較機能の紹介

4&5.電気&ハイテク業界/メディカルバイス業界それぞにおけるイノベーションプロセスの短期導入実現方法  〔資料はこちら
Minerva Group  Director  Leon Lauritsen 様

  • PhillipsやCISCOなどの電気&ハイテク業界のノウハウをテンプレート化したソリューションと短期導入事例の紹介
  • 同じくメディカルデバイス業界の短期導入ソリューションの紹介

6.Aras Basic  〔資料はこちら
アラスジャパン シニアマネージャ 大久保 寛聰

  • Aras って何?  から分かるAras概要紹介と設計変更デモ

7.F.X. MeillerとGETRAG Ford TranmissionsにおけるCATIA V5ストーリー  〔資料はこちら
T-Systems International GmbH  EDM Solutions  Jens Rollenmuller 様

  • 独Meiller社や独Ford Getrag社における、VPMやTeamcenterでのCATIA V4/V5データの管理を、PDM WorkbenchとAras Innovatorの組み合わせに移行した事例紹介

8.Show Case
※ Arasの国内パートナー様より、開発事例やTipsなどについてダイジェストでご紹介頂きました。

9.電気設計の仕掛管理と出図後のAras連携におけるポイント 資料はこちら
株式会社 ワイ・ディ・シー 製造ソリューション事業本部 取締役 本部長 善入 正志 様

  • 開発設計現場における電気設計データ管理の現状: 仕掛段階からのデータ管理ができていない企業が多い。
  • 仕掛段階からの設計データ管理が、「品質の作りこみ」「データの保全」「技術の継承」の観点から重要。

10.Aras ビジョン&ロードマップ  〔資料はこちら
アラスジャパン 社長 久次 昌彦

  • 近日リリース予定の Ver.9.4 の紹介、及びその先の開発ロードマップ紹介

11.懇親会

※ 多くの参加者が懇親会まで残っていただき、活発な情報交換、ネットワーキングが行われました。中でもユーザ様どうしの情報交換も活発に行われ、当イベントを主催者からの一方通行の情報発信の場だけでなく、製造業におけるエンジニアリング業務改善のコミュニティの場として活用いただけたことに大変感謝しております。

皆様、お忙しい中のご来場、誠にありがとうございました。
次回も引き続き、宜しくお願い致します。

Aras PLMの詳細・ダウンロードはこちらから
Aras_Logo_2013

arasjapan について

Aras InnovatorやPLMに関する様々な情報を発信していきます。
カテゴリー: ACE Japan, イベント・セミナー タグ: , , , , , パーマリンク