製品開発支援システムの仕組み:「しらせる」 - 関連する成果物の内容を知らせる

通知して知らせるという機能も重要ですが、仕事としてはプラン・ドゥ・チェック・アクトといったPDCAサイクルを回さなければいけません。

このサイクルをPLMシステムで実現することで、PLMシステムを単なる設計データの保管庫から製品開発業務プロセスをマネジメントするシステムに仕立てていくことが出来ます。

たとえば、PLMにあるプロジェクト管理機能を使う場合、プロジェクトで計画されるアクティビティのWBSとその日程を管理するだけでなく、アクティビティにアサインした担当者に計画されたスケジュールになると作業内容を通知して作業に着手するといったこともPLMシステムを使えば簡単にできます。

また、連絡を受けた担当者は自分のアサインされた作業を実施するとともに、完成した成果物を添付して作業完了報告をすることで、担当者は自分がアサインされているアクティビティだけを気にしていれば良いとともに、プロジェクトマネージャには自動的にアクティビティの進捗とその成果物が提出されてくるため、プロジェクトマネージャは自分が管理するプロジェクトを俯瞰して管理することが出来ます

このようにPLMシステムのプロジェクト管理機能を使うことで、プロジェクトの計画(プラン)、アサインした担当者への通知(ドゥ)、成果物をマネージャに提示(チェック)、マネージャはプロジェクト全体を見て最適化(アクト)といったPDCAサイクルを回すことが出来ます。

このようなことが出来るのも、PLMシステムには情報へのアクセス制限を行う為のユーザやロールの管理機能があるため実現することが出来ますが、プロジェクト機能しか持たないソフトウエアの場合、プロジェクトの計画を立てるだけで、アサインされた人の情報は単なる表の一データでしかありません。

設計品質を維持管理していくための品質マネジメントシステムでは、PDCAサイクルを常に回していくことが共有されています。

最近では多くの企業で採用されているFMEA(故障モードとその影響の解析)なども、まだまだ表計算ソフトを使って表を作っているレベルにとどまっている企業が多いのですが、この状態では単なる故障モードの表を作ったにしかなりません

FMEAを正しく活用するためには、潜在的な故障モードを分析した後、改善のための担当者をアサインして、担当者の作業結果をフィードバックさせてRPN(Risk Proproty Number)を低減していく活動として回していく必要があります。

このようなPDCAサイクルもプロジェクト管理機能と同様にPLMシステムを使うことで簡単に実現することが出来るようになります。

-久次 昌彦-

Aras PLMの詳細・ダウンロードはこちらから
Aras_Logo_2013
広告