製品開発支援システムの仕組み:「つなげる」 - 他の人のデータにつなげる

リレーションを使ってデータを関連付けた後は、それをどのように他のチームと共有するべきかを検討していく必要があります。

つながったデータから自分が必要とするデータを見つけ出せるようにするだけでなく、いかに自分のデータを他の作業者のデータとしてつなげていくのかといった仕掛けを検討していかなければなりません。

製品開発のアウトプットを出すのは個々の担当者ですが、決して個人で作業をしているわけでなく、製品開発のライフサイクルを通してみれば必ず誰かの作業と関連してきます。

よって製品開発にかかわるデータは相互に関連付けて管理していくことが望ましいわけです。

自分の業務で使っているキーワードから、必要な情報を見つけ出せることは持ちろん、見つけたデータが持っているリレーションをたどって他部門や他のチームが検討している内容や進捗を確認したりできることで、自分が知らなかったことや気づかなかったこと、自分とは異なる考えのデータを見つけることが出来、それらの情報を元に設計やディスカッションにつなげていくことが出来ます。

自分が知らなかったり気づかなかったことをカバーするために余計なメモは不要です。

PLMシステムで情報を管理することで、全ての関係する情報がリレーションされて管理されているので、それを芋づる式にたぐり寄せればよいのです。

しかし、一つ困ったことがあります。

自分のアウトプットをどのように他部門の人のデータとしてつなげてくのでしょうか。

その仕掛けがリレーションなのです。

リレーションのシステム設計をうまく行うことで、作業者は自分が担当しているデータ登録画面を開いて、そこにあるフールドやタブに必要な情報を登録していくだけで作業は完了します。

リレーションを持たせて登録されたデータは、他部門の作業者からもその部門で使っているキーワードを中心にデータを逆展開して確認することがでいます。

このような仕掛けを作ることで、わざわざ他部門の人用のデータを用意することもなく、作業者は自分のミッションである成果物を決まったところに登録するだけで、他部門からは別のビューでその部門が欲しい情報として見つけることが出来るようになります。

リレーションの設計のことをデータモデリング作業と呼び、PLMシステム構築で一番重要なポイントとなります。
たとえば、「他の人のデータに“つなげる”」の一つのシナリオは下記の通りです。

設計担当者は、自分の作業として割り当てられているテーマやユニットに関するデータ、を登録する画面に入力していきます。

この画面では、設計情報を製品として現すべき機能を中心にデータを登録していきます。

合わせて、その機能を実現するために作成したワープロや表計算ソフトなどで作成した設計図書や、CADで作成した図面などもどんどん登録していきます。

CADで図面を作成した際に定義した品目や部品構成なども合わせて登録していきます。

タブとして調達先の情報(AML)や品質情報や工程情報などがありますが、今はその作業を検討する段階でないので、特に手をつけません。

一方この製品開発チームのメンバーでもある購買部門の担当者は製品開発チームのプロジェクトから自分の担当すべき作業の前工程の進捗状況を確認することが出来ます。

この時購買担当者の担当範囲は必ずしも設計者の担当範囲と一致しません。

購買担当者は複数の設計チームの成果物をまとめて調達計画や仕入れ先との交渉に臨むことになります。

このような場合でも、購買担当者は自分の作業単位に合ったデータ登録画から、必要な情報を入力して関連する部門に情報を伝えることが出来ます。

たとえばA、B、Cという部品の調達先が決まったので、複数の調達先の登録とともに、部品に対する価格情報を入力すると、設計部門ではAMLというタブを確認するだけで簡単に価格情報を把握でき、調達部門が検討している価格を検討中の品目に反映して、現在検討中の製品原価を積み上げて確認することが出来るようになります。

-久次 昌彦-

Aras PLMの詳細・ダウンロードはこちらから
Aras_Logo_2013
広告